10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期の女性は注意、シェーグレンショウ症候群


意外と一般的に知られていない病気があります。


それも女性に多い病気です。


その病気の名前は、シェーグレン症候群と言います。







1933年、スウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレンによって発見されました。


彼の名前をとって、シェーグレン症候群とやばれるようになりました。


症状の特徴は、目の乾き(ドライアイ)や口の乾き(ドライマウス)が主な症状です。








なぜ、女性が注意すべきかと言いますと、


医師の調査によると、13, 7対1の割合で圧倒的に女性がおおいのです。


年齢的には40代から60代の更年期の女性が罹る確率高いと言われています。









女性ホルモンのバランスが変わる時期に関係がるそうです。


また、慢性関節リュウマチの人の約20%が、この病気に罹るというデータもあります。


リュウマチも女性に多い病気です。









この病気は膠原病の一種ですので、


膠原病専門の病院に罹るとよいとのことです。


しかし、よくこの病気を知らない病院もあり、


症状から糖尿病と診断されることもあるようです。








最近、


ドライアイやドライマウスの症状を訴える女性が増加しています。


更年期を迎えて、これらの症状が現れたら、シェーグレン症候群の疑ってみましょう。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。