10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご存知ですか?恐ろしい糖化反応(グリケーション)

老化を進める3大要因は、酸化と炎症、そして糖化反応(グリケーション)を指します。

このうち酸化と炎症はよく知られています。

結論を先に言いますと、老化を予防するには、この3大要素をなくすることです。







今、一番注目されている若返り法は、グリケーションと言っていいでしょう。

美容界ではグリケーション一番の関心事です。

しかし、グリケーションについては知らない人が多いのではないでしょうか。






グリケーションとは正式には「生体内糖化反応」と言います。

簡単に言えば、体がキャラメル化することです。

体に取り込まれた糖分が過剰になると、この糖分(ブドウ糖)が蛋白質と結びついいて、

キャラメルのようにねばねばとなり体を硬くするのです。






体がこちこちになる原因は、この糖化反応(グリケーション)によるものです。

グリケーションが進むと体にAGE(最終糖化物質)が溜まります.

これが諸悪の根源となり、糖尿病、アテロール性動脈性硬化症や腎不全、

アルツハイマー病、白内障などその他多くの生活習慣病の原因となります。







とにかく体のあらゆるものを硬くしてしまいます。

細胞も柔軟性がなくなり、腰や肩が硬くなります。

関節炎が起きます。







体のあちこちが硬く、痛い症状が起こるのです。

このグリケーション反応を利用して作られたのが、糖尿病の診断薬がヘモグロビンA1Cです。

古くから健康の為には、砂糖の取りすぎは良くないといわれてきました。








その理由はグリケーションにあったのです。

ケーキの食べ過ぎは老化の始まりです。

砂糖がヒトのあらゆる臓器を硬くする毒なのです。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。