10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃腸が若返ると顔も肌も若える

腸の専門家で著名な光岡知足博士は、ヒトは腸から老化すると指摘しています。

「腸内年齢」という言葉さえあるほどです。

また、大腸内視境検査の世界的権威者・新谷弘実博士は、

病気がちで体が老化している人は、腸にポリープや炎症が沢山あるといわれます。








新谷博士の著書「胃腸は語る」(公文堂)のよれば、

そのような人は、内視鏡で見ると、腸が汚く、醜いそうです。

また、そのような人は癌に罹りやすいとも指摘しています。









話が変わりますが、腸は「第二の脳」とも言われます。

腸の働きを挙げてみますと。







1、腸の細菌叢には、善悪10兆個もの腸内細菌が生息しています。

2、腸は20種類もの神経伝達物質を産生しています。

3、腸は70%のセロトニンを分泌して、睡眠やヒトの気分を左右します。

4、腸の絨毛は、広げるとテニスコート1面分になり、栄養吸収に大切な働きをいています。

5、腸はリンパ組織が網羅されていて。体の80%の免疫を司っています。

6、腸は一生のうち30トンの食物と、15トンの水を吸収してくれます。










このように腸は脳に匹敵するほどの大切な働きをしてくれています。

腸をきれいにするには、食物が肝心です。

動物性脂肪や化学性添加物を含む食べ物を避け、

食物繊維を多くとることが肝要です。









加えて、きれいな水を多くとることも大切です。

わたしの考えでは、ヒトの健康は胃腸を大切にし、

いつも考え方「脳」をポジティぶにして暮らせば、

大半の人は元気で、はつらつと長生きできると考えています。


コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。