10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故、石原結實博士の小食健康法が信用できるか?

石原結實博士は、長崎大学医学部卒し、同大学で博士号を取得されました。

デッキとした西洋医学を勉強したスペシャリストです。

先祖は代々、種子島藩の藩医でありました。






その影響もあり、現在は漢方薬と食餌気療法を取り入れ、独自の治療法をおこなう開業医です。

わたしは博士の著書は大概読みました。

有名な本は「体を温めると病気は治る」「医者いらずの食べ物辞典」です。






何よりも尊敬できるのは、名だけの博士ではなく、自分でその健康法を長年実践していることです。

西洋医学の医師の中には、患者にはいろいろ指導するが、

自分は健康でない方が多いように見受けられます。






いわば「医者の不養生」ですね。

こんなことを言うと批判の声が出てきそうですが、あくまでも私の独断です。

そうでないお医者さんも多いと思いますが。






そこで、石原先生の生活スタイルを紹介しますと。

現在66歳(1948年生)、学生時代はパワーリフティングの選手で、九州大会で優勝されています。

パワーリフティングはウエィトリフティングに似たバーベルを挙げる競技です。






先生は、今でも100キロもあるベンチプレスを挙げるそうです。

トレーニングは週2~3回もやるそうです。

そこで博士の食生活をお話ししたいと思います。






こんなに激しいトレーニングをしているから、相当のエネルギーを消耗するので、

たくさん食べられると思いきや、そうではありません。

驚きの食生活です。紹介します。







朝は人参ジュース2杯と生姜紅茶1杯のみ。

昼は生姜紅茶1杯、だけ。

夜はタコの刺身を食べながらビールを飲んで、

ごはん、味噌汁、納豆、明太子、イカの炒めものだそうです。









面白いことに夜は結構自由に食べておられます。

しかし、肉や魚や卵、牛乳などは避けているそうです。






これではカロリーが足りないのではと素人の私でも心配するほどです。

しかし、体重は学生時代とほとんど変わらず約64キロ程です。

全身筋肉質でゼイ肉はゼロだそうです。







博士は90歳までは、この生活を続けると公言されています。

人に指導することを自ら実践していることは、なにより尊敬でき信用されることです。

先生に罹る患者さんが難病を完治できるのも納得できます。



コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。