10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食は老化を防ぎ脳細胞を成長させる


断食は老化を防ぎ脳細胞を成長させるということが実験で証明された。

アメリカのボルチモアにある国立老化研究所(NIA)で行われた実験です。

研究者はHIAのマーク・マットソン博士である。







博士の実験は、マウスを以下の3つに分けて実験しました。






A群・・・・・好きなだけ食べさせる

B群・・・・・摂取カロリーを60%に抑える

C群・・・・・一日おきに好きなだけたべさせて、翌日断食させる







すると、C群は一番健康でしかも寿命も長く、老化による脳の損傷も少なく、

しかもアルツハイマーやパーキンソン病に罹るマウスもいなかったと発表しました。








また「断食が酸化による脳細胞の損傷を抑え、

体のあらゆる細胞の成長を促す」と結論づけました。

この結果はマウスの動物実験ですが、人間にも当てはまると期待されます。







断食療法は民間療法として昔から行われてきましたが、

このような科学的裏付けも増えてくると思われます。

飽食時代を迎えて、糖尿病や生活習慣病が増加する中、

断食療法が見直されてくるのではないでしょうか。


コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。