10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートははたして健康に悪いか?

一般的に砂糖などの甘いものは、健康に良くないと避けられてきました。

糖尿病を患うと、特に甘いものを口にすることは厳禁と信じこまれています。

大概の糖尿病を患う人は、甘いものにトラウマを感じています。





ところが、意外と甘いものの代表であるチョコレートは「完全栄養素」であることは知られていません。

蛋白質、脂肪、炭水化物の三大栄養素が含まれ,

加えて、ビタミンやミネラルなどすべてが入っています。





山で遭難すると、チョコレート1切れあれば1日はゆうに生きていけます。

私などの幼い時は、遠足の時など、母は必ず持たせてくれました。

実際、本で読んだ話ですが、






埼玉医科大学の救急救命センターでは、

救急の患者さんたちが食欲がない時は、チョコレートを食べさせたりするそうです。

患者さんの空腹をみたし、エネルギーの補給にもなります。






チョコレートで皆さん元気になるそうです。

また、入院患者さんでも、どうしても食欲が進まない人に「何が食べたいか?」と聞くと、

「チョコレートが食べたい」と答えたそうです。






そこで、チョコレートを食べさせたところ、みな元気になったそうです。

うそのような本当の話です。

砂糖は健康に悪いというイメージがついてしまいましたが、

脳はブドウ糖で100%動いています。






ストレス解消のため脳は砂糖を求めることは本当です。

しかし、黒砂糖や三温糖は健康には良いと言われています。

江戸時代は、砂糖は薬だったそうです。






ただし、現代人は砂糖の摂り過ぎであることは間違いありません。

特に脂肪分の多いケーキ類はほどほどに!!

砂糖を敵と思わず味方にしましょう。


コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。