10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏場でも過分な水分は体に悪い?


本格的夏になりました。

夏場の健康管理について書きたいと思います。

意外と夏に健康を崩す人が多いようです。






何故かと言いますと、冷たい物を摂り過ぎるからです。

外気温度が体温を超えると、人間は不愉快を感じます。

熱帯夜が何日も続くと、朝目覚めも悪く、出勤するのも躊躇です。






朝の電車で目をはらして、乗ってくる人が多いのもそんな熱帯夜の朝です。

これに二日酔いが重なると最悪です。

意外と夏場は水分を摂り過ぎて調子を崩していることが多いのです。






熱中症の注意ばかり叫ばれるので、ついつい水分を多く摂ってしまいます。

水分は適度に補給するのは、よいのですが、

過分に摂り過ぎるとかえって害になることも知っておくべきです。






東洋医学では、水分の摂り過ぎは「水毒」といいます。

過分な水分は体を冷やすからです。

体が冷えると、血管が硬直し、血流が悪くなります。







すると体の新陳代謝が低下し、体に変調が起きます。

倦怠感、体のむくみ、鼻水、腹痛、下痢、頭痛、めまいなどのさまざまな病状が起きます。

人間の体は36度5分で、恒常性維持機能が働くようになっています。







ホルモン作用や免疫作用も正しく働きます。

しかし、夏場は冷たい物も摂り過ぎで体温が正常に保てません。

水毒の典型的症状です。







病気がちな人ほど夏が嫌いです。

元気な子供を見ても解るように、夏は大好きです。

また健康で元気な人は、夏場も平気で過ごすことができます。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

ジョーさん

Author:ジョーさん
少年時代はスポーツ万能。

中学時代は陸上70mハードルで石川県体育大会で優勝

放送陸連全国大会6位入賞

1965年 国立金沢大学 教育学部入学

アメリカへ2年間留学

商社で30年間勤務、その後独立

健康管理士

メンタル心理カウンセラー

出身地:石川県

住まいの地域:東京都

生まれた年:1946年
詳しくはこちら

 
 
 

最新トラックバック

 
 
 

検索フォーム

 
 
 

「ブロとも」申請

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。